ホーム >> サービス >> >>
骨関節外傷治療

  偽関節の治療

  偽関節は別名骨癒合不全と言い、骨折型あるいは治療状態により生じることがある。骨折後の偽関節は、骨吸収の骨の異常状態や骨接合状態などがもたらす。X線画像は、骨折端や骨髄が閉鎖し、骨端が肥厚し、骨折部位の拡大が見られる。治療の失敗は、骨癒合不全の原因を治療しないことに夜ものである。

  骨癒合不全は、しばしば見られる合併症であり、大腿骨頚部、大腿骨、脛骨、脚関節などに良く見られます。

  内視鏡下骨移植術

  骨癒合不全では、骨折部位の血流不良がることから、広範囲の一般的な切開は、軟部組織や骨膜および骨折部位の血流の悪化をもたらす。それ故最小侵襲の内視鏡とモニタリングにより適切な且つ十分な骨移植を行っている。その結果、手術侵襲は、骨折部位のみであり、筋肉、靱帯、骨膜の温存と骨折部の血流の温存が可能である。

  手術適応

  1.6ヶ月以上骨癒合が得られない場合;

  2.内固定や創外固定治療が効果の無い場合;

  3.患者の併発症である糖尿病、肥満、栄養障害など;

  4.骨癒合不全の患者では、しばしば末梢神経損傷を合併している;

 
 
外来スケジュール
予約をする
地図とランドマーク
オンライン調査