ホーム >> サービス >> >>
スポーツ医学( 関節鏡 )

  20世紀における整形外科学の進歩のひとつに関節鏡の開発りんしょ宇応用がある。Arthroscopyとは、直径4ミリの内視鏡を関節内に視入し、直視した画像、すなわち関節軟骨の病変を正確にモニター上で観察可能となりました。一方、目的の手術器具が、整形外科医が、関節鏡視下モニタリング下で手術を施行を行います。この部門には、最新の機器を備えています。このシステムはアジア・パッシフィックでは最も優れた治療方を提供しています。

  1)最小侵襲の関節鏡視を用いた前十字靱帯、後十字靱帯の再建術を行っています。

  2)ローテータ-カフ損傷の再建術

  Arthrexの関節鏡を用いてローテータ-カフ損傷の治療は、優れた臨床成績を獲得している。

  3)半月板損傷の治療

  関節鏡を用いた半月軟損傷の治療は、優れた成績を得ている。

  4)膝関節の拘縮解除

  外傷後の関節拘縮と関節の癒着の関節鏡視下の解離術は、リハビリテーションに優れた効果をもたらしている。

  5)アキレス腱損傷の治療

  アキレス腱断裂の治療は、内視鏡を用いて優れた成績を示している。すなわち皮膚の縫合も不要で良い結果を得ている。

 
 
外来スケジュール
予約をする
地図とランドマーク
オンライン調査