ホーム >> DCN整形外科病院について
DCN整形外科病院について

  北京DCN整形外科病院は、北京で最初の新しいタイプの整形医療研究所で、国際標準に準じた病院であると北京の市の衛生局によって承認されています。

  病院は2002年に設立され、そして何千という人々に愛される病院になりました。それは、整形外科疾患の診断、治療、リハビリテーションおよび予防医学の分野で、国際標準での専門的な医療サービスを提供しています。

  2006年1月1日から、北京DCN整形病院は北京市立専門医療保険によって指定された医療研究所として受け入れられました。市の医療保険によってカバーされた患者には、すべての医療のサービスに保険が適応されます。この病院は海澱区、北京市の医療保険の指定病院です。

  2008年2月14日に、DCN整形外科病院は中国オリンピック委員会の国家プレーヤーのために指定された病院であり、すべての中国スポーツ団体が関与しています。2010年5月25日に、DCN整形外科病院はスポーツ・リハビリテーションのために、北京スポーツ大学の教育病院となっています。

  北京DCN整形病院は多数の国際的な医療研究所との長い間、そして親密な協力関係を確立しました。そしてCharite病院、Diakonie病院、Endo-Klinik、ドイツ、王子ウェールズ病院、香港の大学と国立ヤン-ミン大学医学大学院と通常のアカデミックな研究を行い、整形外科疾患の診断、治療、骨障害のリハビリテーション、研究と教育を行っています。

  北京DCN整形病院は、主要な専門プログラムのために、脊椎外科医教授であるGeng - Ting Dang、整形外科基礎研究分野でCheng -Zheng教授とYi Liu教授、関節外科領域では、Ji-Fang Wang教授、その他外傷外科学の専門家、スポーツ医学およびリハビリテーションでは、Hong-Xuan専門医らによる強いチームが配置されています。すべての上の専門家は自ら診断行い、教育と研究活動を行っています。さらに、病院は、マッケイメモリアル病院の前院長のJun-Xiong Huang教授、台湾の名誉院長などと、診断と治療が困難な整形障害の治療のために国際標準化された質の高い医学と病院マネージメントの改善をはかっています。

  北京DCN整形病院は、14 440m2の建設エリアと共に、17000のm2の広さを持っています。病院は4つの看護ユニットで182のベッドの設備が整っています。それぞれ病棟に33.2のm2の広さと、隣接して個人のバスルームと洗面所を備えています。手術室環境は、NASA基準の100手術室とNASA基準1000の手術室を2室あります。オーディオとビデオの生の放送はミーティング、トレーニングと教授の目的でNASA基準の1手術室と国際会議センターの間で利用可能です。病院は、同じくハイエンドのGE—Cアーム、OSI整形手術台、優れた関節鏡検査法システムさらには中国で唯一の最新のCYBEX等速性運動装置が備えつけられています。他の優れた装置はベッドサイドのモニターシステム、中央酸素供給システムと吸引システムを構築されています。

  病院は、生化学的な検査装置、X線撮影、超音波検査、ドップラー超音波検査、心電図検査、および内科と外科手術を含めてすべてに対応可能です。

  病院の設立から、10,000件の手術が成功裏に行なわれました。最小侵襲手術の関節鏡視下手術は、1,246 の膝関節の炎症性疾患を含め、4,508件行われました。内訳は、半月板584、肘関節手術304、骨折、手首と足首関節手術と臀部筋拘縮症301、肩関節手術320、大腿の頭壊死284、十字靭帯修理362です。1,300件行われ、内訳は頸椎641件、腰椎659です。外傷は、350件であった。6カ月以上のフォローアップで99.5%の満足を得ることが出来ています.

 
 
外来スケジュール
予約をする
地図とランドマーク
オンライン調査